7月10日これからの上昇に期待注目銘柄

By | 2017年7月9日

ファナック(6954)
5月以降、軟調な値動きが続いていますが、6月13日には21000円を節目に大きく反発しています。買い支えが入りやすい価格帯であることも期待できますので、動向に注目しておきたいところ。
ホンダ(7267)
今年は増配の予定で、予想配当利回りは3%超と割安感の漂う状況。加えて、テクニカル面でも3000円の節目に近づいてきていることもあり、そろそろ買い支えが入りやすい頃合いとも期待できます。今後のリバウンドに期待です。
東海旅客鉄道(9022)
4月以降、株価が軟調に推移を続けています。株価は年初来安値を更新したものの、予想PERも約10倍と割安感のある状況。今後はしばらく、買い支えが入りやすい状況が期待できるか。